仕事をやめるまでの軌跡

ランチは一人で行きたい件

ネタ探しに出かけようと思ったら雨風が強いですね、わっふるです!

長靴ほしい…

1人になる時間がほしい

ランチね…人と行きたくないんです。

理由はいろいろあれど、大きく分けてこの2つです。

理由1:そもそもコミュ障

実はコミュ障なのに、職場ではコミュ障を見せずに振る舞う…なんと大変なことなのでしょう!!

まぁ、いいよそれは。仕事だもの。ビジネススマイルで乗り切りますよ。

どんどん胃が痛くなる…!!!

理由2:自分の時間の無駄

ランチ行って話すことといえば…?

職場や人への愚痴やら、プライベートを根掘り葉掘り聞かれるやら、仕事の話やら。

あのね、ランチ中に人への悪口聞きたくないんですよ。

人のプライベート話聞いて、本当に興味あるんですか?次の日には覚えてないでしょ。

休憩時間にまで仕事の話しないでー。

疲れる!!
1人でランチ取ってたらできたであろう読書やブログ徘徊、つまり自分のしたいことができないんです。

息つまっちゃう。休憩時間なのに、休憩できません。

私を1人にして!誘ってこないで!!

行きたくないなら断れば?

(じゃあ、誘いを断れよ!)

って思うかもしれませんが、断れますか?断れないでしょ?

ただでさえ、人が自分をどう思ってるか気にしすぎる質なのに!

前、断ったことがあって。

その日中に絶対に郵便局の窓口に行かなきゃいけない用事があって、ランチ断ったんですよ。

そしたら、
「郵便局なんていつでも行けんじゃん。ランチを人と行かないとか、もったいないよ?」
嫌いな先輩のお言葉^^

今日中に郵便局行かなきゃ行けないって言ってるじゃん、アホですか?

きっとね、この人が特例で、他の人は断っても笑って「リスケしましょう〜」とか言ってくれるんですよ。
だからね、何も断ることを恐れることはない。
だけど、断ったらランチが先延ばしになるだけで、約束が消滅するわけではないんですよ。

だから諦めて行っちゃう。

今まで使ってきたランチお断りの言葉

「今日中に郵便局行かなきゃいけない用事があって…」
(これは本当)

「寿司ですか?体調が悪くて気持ち悪いので食べれません…」
(カフェで普通に食べました)

「いますぐに対応しなきゃいけない仕事があって…」
(実はない)

あとは、11:30とかに休憩取り始めるとかですね。
早めに行っちゃえば、「もう休憩行っちゃいました☆」って言えますからね。

とは言いつつ、来週も断れないランチが待っている

働いてる平日5日中、少なくとも4日は1人でランチに行きたいんです。

だがしかし、来週はすでに月曜日も火曜日もランチの約束が入っています…

ツラいよ!!

嫌いな先輩からのお誘いは悪気なく断れるのですが、普段からよくしていただいている方々からのお誘いは、さすがに断れません。

「嫌われたら、どうしよう!」

って思っちゃうんで。

確実にランチを回避する方法は?

仕 事 を や め る

これ一択^p^

あー、早く仕事やめたい。